若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子夫婦・孫とお祓い

父の日記 2007/12/12 水
先日は、息子夫婦の新しく来た四駆(運命共同愛車)の
交通安全祈願に行きました。

その日の朝は、お休みだけど、
私専属のお客さんの予約が前々から入っていたので、

息子:お父さん遅くても12時30分には終わらしてなぁ?。

と言われていますたので、8時過ぎにはお店の方に行って
準備していた最中にわたしの胸から携帯の音楽が鳴り出しました。

電話の主は、わたしの20年間の女友達のTで、
彼女、高校中退からホステスしていて、21歳の時に私と知り合いました。
20代後半でお水から引退して、旦那と息子の3人家族で、
今はあるサービス業の 責任者で真面目に働いています。

私:も?し・も??し「着信履歴で誰か分るのでこの喋りです」
T:もし、もし、あんた、今日は何してるん。

今日は何してるん(今日)の、発音の仕方で、Tがなんの用事かが、だいたい分かります。
20年の付き合いだから、喋りだしの微妙な言葉の
アクセントでお互いに何が言いたいのかわかります。

私:今日は朝、俺のお客さんが来るので午前中は仕事で、
  昼から今日は大安なので
  息子達と、ほーら、前から言ってた車が来たので某市の
  成田山の寺にお祓いに行く事になってるので・・・時間無いょ。
T:。。。
私:美術館か。
T:そうやねん、K子が朝早く急に行ってもいいよと電話があってなぁ?!


K子とはTの友達で私とも仲良くしてるので、前々から三人で美術館に行く
約束をしてたのですが、K子の都合でずっと私とTは待たされていまのです。

私:俺、急に日を決めてもダメだと言ってたやろう?。
T:うん、分ってる・ほんとあいつ(K子)自分の都合だけやもんな!。
 いいよ、あんたの都合悪いと言っておくわ。又今度にしょ。


私は時間が無いので電話を切りお客さんがもう直ぐ来る時間なので
急いで仕事の段取りする。

仕事も12時15分に終わりお客さんの何時もの如く気に入って
帰って行きました。

さっそく出発が1時なので「息子夫婦・孫は準備OK」なので
私は慌てて支度をしました。

息子が運転して、私は助手席に乗せてもらい
後ろの席では義娘が孫Wちゃんを抱き、その横ではチャイルドシートに
座りなれた孫Uちゃんがニコニコしてました。

息子が途中で、お父さん運転して見ると言ってくれたので
私は待ってましたとばかりに、するよと言って、
橋渡った所のミニ・マートで代わってもらいました。

自分の愛車で無いので気使ってエライので、
2キロ位試運転して又、息子に代わって貰いました。

思ったより孫Uちゃんはおとなしく座っていました。
孫Wちゃんも泣かずにスイスイと寝ていたので、

目的地につくまで皆、楽チン・楽チンで目的地に着きました。

前回も来ていたので、少しは楽かと思いきや、酸欠状態で長い階段を
上り、おてんばYちゃんとの昇り降りでは少し疲れました。

前回同様に、交通安全祈願の受付を済まして、
本堂に行きお賽銭箱にお金を
入れて今回は要領が分っているので、
早めに下に降りて行くと、お坊さんも見ていたのか
タイミングよく降りて来たくれました。

私の服装は1週間前と違うので分らないと思いますが、
でも、帽は特徴の有るニート帽なのではたして?どうですかな?

お祓いも無事に終わり少し遅めランチは
娘と平等の約束なので、焼肉のランキングに行きました。

私は焼肉が好きなので、1週間前よりも沢山食べれました。

食事を終えて、帰る途中に有る車屋で今度の息子の四駆の
スペアーキーを私と義娘の分、2個作って家路に着きました。

                                        一味01
                                         
                                  

診察日2007年12月3日

診察の記録 2007/12/08 土
この日は、先生に 『治験』 の事を聞きたいと思っていました。

きっかけは、先日、父が偶然読んだ週刊誌の中に
アルツハイマー病の特集の記事が載っていたことでした。

その記事を読んだ父は
父「アルツハイマー病の新薬の開発が進んでいて、あと数年で
  薬ができる可能性があるんやってな。今、その薬は治験の段階やって書いてるわ」

と私に言ってきました。

私「そういえば、こないだ、お父さんにコメントくれたのんたさんのブログ
 (若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中)にも
  奥さんが1年前に、国内初のワクチンの治験に参加したって書いてあったわ」
父「へええぇぇ?!そうなんか!」

と興味がある様子

私「今の病院で治験やってるかどうかは分からんけど、お父さんも治験に参加したい?
  治験っていうたら、言い方悪いけど、新しい薬の実験みたいなものやけど」
父「うん、参加してみてもええよ」


(あっさり答えるので、薬のデメリットも伝えなければと思い)
私「でもな、薬として完成したものでないから
  もしかしたら重い副作用が出るかもわからんし100%安全な薬ではないんよ。
  これは外国での話やけど、過去にはワクチンの試験で
  重い脳炎を起こした人が出てきて、中止になった事もあるんや」

と説明しました。

父「でも、もしかしたらアルツハイマーがココで止まる可能性もあるんやろ?」
私「うん、中には進行が止まった人もいるみたいや」
父「それだったらお父さんは、何もしないで病気が少しずつ進んでいくより
  薬の実験になって、少しでも進行が止まる可能性があるなら
  実験になるほうがいい。お父さんは一か八かに掛ける性格やからな」
私「そっか、わかった。
  仮にもし参加できた場合、マメに病院に通うようになるかもよ?
  お薬のデータを取るために、色々な検査も受けなきゃいけないやろし
  普段の生活の中でも、条件出されたりするかもしれんよ?」
父「そんなのは全然かまわんよ」


(最後に、父にとって究極の質問をしてみた)
私「じゃあもし、参加中はお酒やめて下さいって言われたらどうするん?
  お薬をあきらめる?それともしばらくお酒やめれる?」


(苦笑いしながら、う?????んと相当悩んでる様子)
だいぶ悩んだ末
父 「期間限定でなら・・・お酒ガマンする」
そこまで父が考えているのならと思い
私「じゃあ、今度の診察の時に先生に機会があれば治験に
  参加したいって意思があることを伝えておこうか」

となりました。

???????????????????????????????????

そして当日、先生に父の希望を伝えると
先生「治験に参加するなら、まず今飲んでいるアリセプトをやめて
   薬を飲んでいない状態に戻さなければいけません」

私は、アリセプトをやめる訳にはいけないことをわかっていたので
先生の言葉に返答ができないでいると

父 「先生の判断はどうなんでしょう?私の場合、やめておいたほうがいいんですか?」
先生「アリセプトの効果がなく副作用もひどいようなら
   違う薬で試してみるのも、一つの手だとは思いますが
   一味さんの場合、アリセプトをやめるまでして試す意味はないと思います」

と言われ、父も私もガックリしました。

私「アリセプトと似た効果の薬の治験ではなく
  ワクチンの治験も日本で行われているようですけど、そちらもムリなんでしょうか?」
先生「残念ながら、うちの病院ではしていません」

とハッキリ言われました・・・。
治験への望みは、あっさりとやぶれてしまいました。

でも父の考えをハッキリ聞くことができたのでよかったです。
そして、いつか機会があれば、是非参加してみたいです。

調整中の睡眠薬については
父は8割満足しているようで、しばらくは今の薬でいくことになりました。

アリセプト10mgの副作用のゲリは
すっかり収まったようで、お腹の調子も良いとのことでした。


       ランキングの応援ポチっとよろしくおねがいします! Pirtty            
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

金魚

父の日記 2007/12/07 金
前回、12月3日の日の精神科の診察は私の勘違いで娘の家に
行くのが時間オーバーで、自分で勘違いで、娘に少しあたる私です。

娘:自分で勘違いして怒られたら、気分悪いはと・・・
私:娘にブツブツ言いながら(これは、まずいと思い)
  何とかこの場の雰囲気を立て直しました。(汗)


どうにか、医大に着く頃には娘、機嫌が直っていて
ホットしましたが2人仲良く受付して、
待合時間を和やかなモードに完全に戻って呼ばれるのを待つ。


今回は睡眠薬のクスリが合って入るみたいで身体の調子が
今までの中では良い状態なのでしばらくは、
このクスリで行く事にしました。


診察が終わっての帰りの時。
この前から金魚が気になっていたので

院内のロビーに金魚の水槽の置いて有る所へ行き
娘が受付で支払いをしている間、金魚と睨めっこしていました。

そこへ、受付を終えた娘やってきて

私:ヒカル見てみぃー!はよぅー見てみぃー!!
娘:ほんとや?!ほんとやぁ?。
娘:なにぃー!この気持ち悪い金魚、コレ飼うつもりおとうさん。
私:ちがう・ちがう、そこの下に泳いでる尾ひれの長いやつや。
娘:このオデコ、いぼいぼ、なにぃー!気持ち悪う?。
娘:出目金もあかんよ!うちすかんわ
私:解ってる・解ってるこんなんかえへんわ。


私が買うのにうるさい奴やなぁ?。金魚のはうが
大人しくってよっぽどましやわ?
娘:それ、本物ではないで!
私:何でや、今泳いでるやんか?
娘:それは違う、考えて見てみ、
  こんな大きな水槽を誰が掃除するのん、
私:そなに言うても現にいてるやん
娘:それは、映像を流してるだけや。
私:えぇ?そんな!そんな事ないわー!(水槽の周りを見て回る)
私:そういえば、ちょつとおかしいのぅ。
娘:あっ!NECと書いてある・書いてあると、


娘は、空見たかといいそうなニコニコ顔です。

ホントは春から夏にかけて、飼うのが良いみたいですが、
思いたったら吉日で(笑)

帰りに、娘と近くのスーパーの中に有るペットショプに
金魚の下見(覗き見)をしに行きました。

担当の女店員さんにまだ、直ぐには買わない事を打明けて。

金魚の説明を色々聞いていましたが、だんだん
早く(私の悪い癖)欲しい気持ちが強くなりだして、

結局、帰りは店員さんに、来年の予定を変更して、

それと、それ、置いといて無いのは取り寄せの
注文をしてもう完全に飼う気モードです。

ペットショプの店員さんには
また来るので宜しくと言い残して帰りましたが、

気持ちは、今すぐにでも早く飼いたモードです。

                             一味01




車のお祓い

娘の日記 2007/12/04 火
先週の日曜日、夫の車の交通安全祈願に夫・私・父の3人で行ってきました。

昼すぎに家を出発し、父の家に寄って少し休憩した後
隣の県の山頂付近にあるお寺へと向かいました。

お寺までの距離は、私の家からだと車で約2時間ほどかかるため
まだ車を買って間もない夫は、ちょっとしたドライブ気分のようで
ご機嫌で車を運転していました。
この日は、ちょうど天候も良かったので、道中の山々の紅葉がとてもキレイでした。

目的地のお寺に到着し、本堂で手を合わせて交通安全を祈った後
付近を少し歩きながら、のんびりしていると
お坊さんがやってきたので、車のご祈祷場所に行き、お祓いをしてもらいました。

帰りは、山道を下りながら途中で車を止めては
キレイな景色をバックに3人で写真を撮りあいました。


この日の夕食は、父のおごりで焼肉バイキングのお店に行きました。
うちの家族は、いつも行き慣れたお店ばかり行くタイプなのですが
このお店は、父の仕事のお客さんのオススメで初めて行きました。

3人とも、バイキングになれていないだけなのか
それとも、ただ欲張りなだけなんでしょうか(汗)
お肉やらフルーツやら、自分が食べられると思う分だけ
それぞれが取ってきたのはいいのですが・・・
食べ終わる頃になると、テーブルの上にはたくさんお肉が残ってしまいました。

夫「こんなに残してるのボク達くらいですよ(苦笑)」
と言うので、父と私はさりげなく他の人のテーブルをチラチラみてみると
夫の言う通り・・・どの席の人も、だいたいキレイに食べられてました。

うちの家族は、なんて計画性がないんでしょう。汗とか
でもまぁ、3人楽しく1日を過ごせたので・・・よしっ!とします。


       ランキングの応援ポチっとよろしくおねがいします ピンクのお花1            
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

娘夫婦と車の安全祈願へ

父の日記 2007/12/03 月
昨日は、お昼から娘夫婦達とMちゃんの車のお払いに
3人で行く事を前々からの予定にしていました。

お昼の2時に着き。Mちゃんの大好きなコーヒ(お店専用)で
1杯(1回)づつ豆を引くので、Mちゃんはお父さんのお店の
コーヒ、「僕が仕事の合い間に毎日行ってる喫茶店の

コーヒより美味しい」と喜んでくれます。

会社は、Mちゃんの父の会社で今はチーフなので
仕事の合い間に行く見たいです。

Mちゃんがコーヒを飲んでる間に、娘にパソコンの
操作を色々教えてもらい感謝の気持ちが目から水が涌いて
あふれてきそうです。


わが家を3過ぎに出て行き、現地に着きました。

私は車から降りて周りを懐かしく(ふっと昔の光景が色々と
よみがえり)見渡しました。

その間、Mちゃんが祈願の受付をすまし終えたので。
3人最上段に建っている本堂へ行く。

私は、19年目(私の愛車)以来で景色も
そのままの長い石段を、酸欠状態で本堂まで歩き礼拝して
又、少し周りを散歩して記念にビデオやカメラをお互いに
取り合いました。

天候も、少し肌寒いですが青空で紅葉も見渡すかぎりで、
目色が赤黄緑色になっていました。

ご祈とうの時間がきたので階段を長々と降りていきました。
とその時、ご祈とうします?の声で車の前に行き、

ご祈とうを終えて皆で、次の焼肉屋に向かいました。

途中、ドライブウェイに入り、これまた紅葉がグンバツなので、
途中下車をたびたびしてシャッターを切りました。

焼肉はバイキングに着くなりMちゃん駐車場ないをウロウロ
娘:そこが空いてるやん
M:車、当てられたら嫌なんで、少し離れて止める?。
娘:ふぅ?ん


娘は普通の体の割りに良く食べます。

そのうわては、身体はガッチリの大柄のMちゃんで、普通の人の
三人前はペロリとべます。そして、二人とも私のオゴリなので、
この日は特別健康状態ですね(笑)

娘が突然に。
娘:お父さん、うち等には、バイキングつれて来て来週、
  息子達とは、いつもの焼肉屋へ行くんでないやろなぁー!(笑)
私:いかへん・いかへん、そんな不公平な事せえへん、
  皆平等やがなぁ?。
娘:フン、それならええけど。(笑)


なので、来週、車の祈願(息子の車)後には夫婦と二人の孫と
わたしの5人でこの店に来ます。

私は、この年齢で今でも焼肉は大好きなのもんで、
ホント私のお腹の中は腸だらけです。(笑)

                                一味01


帰ってきた四駆

父の日記 2007/12/02 日
先月と今月は、娘婿Mちゃんと息子達の車(四駆)の出入りが
激しい月になり、又なりそうです。

Mちゃんが乗っていた四駆は、この私が大阪の
従兄弟から貰った四駆(19年目4人乗り)です。

Mちゃんが気に入って乗りたいと申告して来たので
長い間、Mちゃんが乗っていましたが、ぼつぼつガタが来たので、
新しい四駆を娘達が購入したので、やっと私の所に帰って着ました。

そうなると、我が家は私の愛車(四駆19年目・4人乗り)・
息子の四駆(4人乗り)・義娘Yちゃんの四駆(軽)で

今、3台有るので合計四台の四駆が有る事になりますが、
お客さんの駐車場が4台分居るので、合計7台分(家3台のスペース)
しか無く色々考えた挙句、息子が自分の四駆(ショート)を
ロング(四駆7乗ロング)に変えて、娘婿が乗っていた四駆は、
私の愛車と従兄弟の四駆は同型なので
部品取りに置いておく事にしました。

義娘の四駆は置き場所が無いので売却してしまう事になりました。
これから義娘は、息子の四駆(ロング)を運命共同愛車で
乗ることにしました。

これから先、孫娘(2人)が車の乗り降りを考えると4ドアーのロング
が便利だから、息子と義娘達の愛車は、泣く泣く手放す事にしました。

今日は、娘夫婦が新しい車もお払いで、昼から来て
私と3人で交通安全祈願に出かけます。

                              一味01


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。