若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察日2008年9月8日

診察の記録 2008/09/30 火
父は最近、勘違いしてか(?)時間を間違えるらしい。
(大きく間違うのではなく、6時を7時、7時を8時といった程度)


父の話によると・・・
朝起きたら、また以前のように、自分の部屋にパンとコーラーが置いてあったらしい。
今回は、なんとなく覚えているようで
朝方に目を覚まして、トイレに行ったついでに
『もう朝だから食事しなきゃいけない』 と思い
台所からパンとコーラーを取ってきたような気がする。
でも時計をみると、まだ早かったのでまたそのまま寝てしまった。


先生にその話をすると
先 「寝ぼけてたのかな(笑)」
と言っていました。

あと、先生は
先 「今の生活では、自分の自己評価を下げてしまうことばかりなので・・・」
と言って、デイサービスの利用の話をされました。

先生が話をしている間
父は全く興味がない様子で(むしろ嫌がっている感じ)
無反応でポカンとしていました。

診察後、父は私に
父 「お父さんには、まだまだ先の話や」
と言いました。


私もデイサービスの利用は、まだ早いんじゃないかな?と思ったけれど
一応、話だけでも聞こうと、先生が紹介してくれた
院内のソーシャルワーカーの方の元を尋ねました。

その方も、今の父の状態ならば
デイサービスの利用は、まだ早いと思うけど
何か(ボランティアのような)活動をするのは良い頃だと思うとのお話でした。

だけど、父はどちらの話も乗り気じゃないみたいでした。


           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

スポンサーサイト

診察日2008年8月18日

診察の記録 2008/09/12 金
診察前の待ち時間に父が

『一昨日の夜、いつものように、睡眠薬を飲んで寝たんだけど
朝起きたら、枕元に食パンとコーラー、水のペットボトルが置いてあった。
風呂場やトイレの電気もついていて、全く身に覚えがないのに・・・驚いた。
そして、これがひどくなっていくと
夜中にウロウロ徘徊しだすのかなと心配になった。』

という内容の事を言ってきました。

父はお酒を飲みすぎると、似たような事が昔からよくあったので
私 「お父さん、またお酒飲みすぎたんちがうん?」
と言ったのですが

先生にその話をすると
先 「睡眠薬の副作用の可能性が高いですね」
私 「これがひどくなると、徘徊するとかそんなのではないんですね?」
先 「そうですね。それとはまた違うと思います。
   まぁ今回が初めてということなので、もう少し様子を見ましょう」



話はかわって
私 「同じ若年性アルツハイマー病のご家族の方から聞いた話なのですが
   その方の場合は
   臨床心理士さんから、脳のリハビリを受けていたということなのですが
   こちらの病院でも、してもらう事はできますか?」
先 「う?ん。どうかな。高次脳機能障害の方のトレーニングはしていますが
   アルツハイマー病では、している人はいませんね」
私 「そうなんですか・・・」
先 「できないこともないのかなぁ?・・。
   どういうプログラムを組めばよいのかなど、ちょっと調べてみますので
   今日の宿題にさせて下さい」

と言ってメモをとっていました。


以前、父は自分で漢字ドリルを買ってきてしていたけれど
結局続かずじまいだったので。
なかなか自分で続けていくのは、難しいと思うので
病院に通うついでに、トレーニングを受けられればいいんだけどなぁ。
   
   
           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。