若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察日2009年3月23日

診察の記録 2009/04/22 水
この日の診察は、結構混んでいました。
昼食に、近所でみつけた 「しゃぶしゃぶランチのお店」 に行く予定だったのですが
帰りが遅くなってしまって行けませんでした。
以前から、気になっていたお店だったのですが
父は、どうも行ったことのないお店に行くのは抵抗があるらしく
ずっと行くのをしぶっていました。
誰でも初めての場所は、少し勇気がいると思いますが
父は、それが人一倍強くなっているみたいです。

診察は、午後2時を過ぎていたので、先生も少し疲れていた様子でした。
予約外でこられた患者さんが、数名いたようで

先 「こういう病気ですから、予約なしでこられた患者さんも診るようにしているんです」
と言っていました。

季節的なものもあるのかな。
父は、今のところ調子は良いようですが。


           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

スポンサーサイト

先生の転勤

父の日記 2009/04/09 木
2月7日の診察日は講演会が終わっての翌々日の9日でした。
もちろん、講演のインタビューの時の話題になり

先生:一味さん、大変よかったですよ
私:これも先生のお陰で、先生が上手いぐあいにリードしてくれたからのお陰です。
先生:あのぉ?東京からこられてた作業療法士の比留間先生が
   午前中に講義してた先生が一味さんっていいねえぇと褒めちぎとった。

と言ってくれて私は気持ちが良かったです。

先生には今回の講演会を撮影したのを、記念に欲しいとお願いしたら
先生は娘さん所と息子さんの所とにDVDに作ってあげるといってくれました。

そして
3月2日にT先生の診察日があり娘と医大に行きました。

先生と色々な話しをして診察も終わるころに
突然、先生が
先生:それで、あとあのぉ?もうひとつ大事な御相談と言うか
   わたくし6月いっぱいでこちらを退職することに決まりましたので。
娘:そうなんですか。
私:6月いっぱいですか。
娘:えぇ??。
先生:あと4カ月あるんですけどね。
娘:先生、何処いかれるんですか。
先生:きまっては無いんですけどね。
   6月いっぱいでといゅうことが決まったので
   あのぉ?ひょっとしたら県内かもしれないし、
   あのぉ?東京の方に戻るかもしれないし
   いまちょと交渉中なとこなんですけど。
娘:あぁぁ?県内だったら。
私:県内だったら、先生どこですか。
先生:いや?もう?わからない。
私:えらい、急ですね。
娘:まだしばらく居て頂けると思ってたんですよ
先生:私ね、東京の都立病院で働いとったんやけど
   ここの教授、N教授から言われてね、ちょつとお手伝いしてくださいと言われたので
   3年ぐらいの予定で言う。
私:あ?は、はい。
娘:あぁ?元々そうゅう予定でいらしゃたんですか。
先生:3年前の5月です。
娘:また、東京の老人なんたら、なんたら言うところに。
先生;そこかもしれないし、また他のとこ探して、ちょつと候補がいくつかあって
   どこにしょうかと迷っているんです。
娘:えぇぇ?。
私:あ?そうですか。
娘:ショツクやろう。
私:あぁ?うんうん。
先生:ね、残念なことに、わたしら転勤がありますからね。

今回、とても信頼していたT先生が転勤になり今後の事が不安です。
でも、先生は何処に行っても今以上にアルツハイマーの研究に取り組んで
もっともっと大活躍してくれると思えば寂しいですけど仕方ないです。

思えば、私が若年性アルツハイマー病と診断された時から
色々と無理難問ばかり言っても
気持ちよく応対してくれて大変助かりました。
今、元気に順調にいれるのも先生の励ましや優しさがあり
診察日も私のわがままで3週間おきに行っていました。
いつも嫌がらずに私の話しを時間をかけていつも良く聞いてくれた事が
とてもとても有り難かったです。

                         一味01

   


診察日2009年3月2日

診察の記録 2009/04/06 月
先 「調子はどうですか?」
父 「調子は、まぁ?いいです」
先 「そうですね、だいぶ表情も良くなりましたよね」
父 「やっぱりウツの薬が効いてるんでしょうかね?」
先 「もうだいぶ良くなっていると思うけどなぁ?
   前は、診察に来たら、まず一番にメモを取り出して、色々おっしゃてたけど
   最近はメモを持ってこられることもなくなったし
   もちろん今も、お辛いことはあるんでしょうが自分の中で
   折り合いをつけて上手く付き合っていけるようになったんだと思いますよ」
父 「じゃあ先生、ウツの薬を止めてもいけますかね?」
先 「そうですね、いきなり止めるのはよくありませんので
   今2錠飲んでいるのを1錠に減らしてみますかね」


そう言ってウツの薬を1錠に減らすことになりました。
先生に言われるまで気づかなかったけど
確かに最近は、メモを取って先生に訴えることがなくなったし
細かい症状を訴えること事も少なくなってきました。


この日、先生は以前撮った、父のMRI画像をパソコンに出していて
先 「そろそろまた画像検査してみましょうか」
と言いました。

私 「MRI検査したときに、筆記のテストもするんですか?」
先 「あのテストは、嫌でしょう?」

と父に聞き返しました。

父 「いや、別に嫌じゃないです。してもいいです」
私 「お父さん、前よりテストの点が下がってたらショックじゃない?」
父 「もし前より点が良かったら、嬉しいし」


と答えてるのを聞いて、ああ、これが父の性格なんだなと改めて思いました。

診察の帰り、検査予約をしたのですが
混んでいて検査するのは、5月半ばになりました。


帰り際に
先 「もう1つ、お伝えしておかなければならないことがあるんです」
と言い出し・・・
先 「実は、6月一杯で、こちらの病院を辞めることになりました。
   次は何処へ行くかは、まだ決まっていないんですけど
   色々誘われていて、どこへ行くか迷っているところです」


これには、父も私も驚きました。

大学病院だから、いつまでも先生がいるとは思ってなかったのですが
まだあと1?2年は、診てもらえるものだと思っていました。
父は、最低でもあと5年くらいは・・・と思ってたようです。


先生は、父が若年性アルツハイマー病になり、最初からお世話になってきた先生だし
何より、父が先生の事をとても気に入っているので
あと数ヶ月で、病院を辞めるのは、とても残念です。


           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。