若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査結果

父の日記 2009/06/29 月
5月25日の精神科の診察に
この前、MRを撮った結果が先生から聞けました。
先生と私と娘とでMRの画像を見て
先生はこの前よりは少し進んでいるけど思っていたよりも
結果は良かったみたいですと言ってくれました。

この病気はよくならないのは私も解っているのですが
思った以上に進行がスローペースなので良かったです。

娘がT先生に今後の担当になる先生は決まりましたかと言うと
先生:I先生にと思っています。
私:I先生ですか。
娘:あっそうですか、I先生ならいいですね。

I先生はまだ先生になって3年目ですけどT先生が指導していた時に
何回か診察室で会っていますし
私達とT先生の記念の写真もI先生が撮ってくださり
前から知っている先生なので若い先生ですが
人柄もいいし私の話しもよく聞いてくれそうです。

それにT先生はI先生には解らない時はメールを送るよう言っているので
一味さん安心してくださいとT先生から言われました。

私はそれを聞いてホントにこれから先も安心しました。

                                   一味01

スポンサーサイト

診察日2009年4月27日

診察の記録 2009/06/04 木
父は、先生が他の病院に移る前に、うつの薬をやめたいようで
診察の時に、先生に薬を止めてもいいか聞きたいと言ってましたが

先生の判断で、
2週間は、半錠で飲んで、調子が変わらなければ止めるということになり
1錠 ⇒ 半錠 になりました。

私 「仮に先生がいなくなった後で、またうつっぽい状態になったときは
   今飲んでいるこの薬が合うんでしょうか?
   それとも状態によって、合う薬は変わってきますか?」


と先生に聞くと

先 「今、飲んでいるお薬が合っているので
   とりあえず、この薬から始めるのがいいと思います」

先 「でも、うつ状態はアルツハイマー病の初期によくみられるものなので
   今後、そういう風になる確立は低くなっていくと思いますよ」


その言葉に、父が反応して

父 「ああ、アルツハイマー病の初期によくあるんですか?」

先 「ええ、そうです。
   人によって違いますけど、うつだけでなく、イライラしたりだとか
   色々症状があります
   でも、一味さんの性格なら大丈夫だと思いますよ」
 
  
と言いました。

確かに、父も病気の初初期の頃は、イライラピリピリ感が常にあったけど
今は、そういうことも減ってきました。
最近は、割と穏やかだけど、判断力や理解力が落ちてきているせいか
自信のなさが目立つようになってきました。

他にも、父と会話している時(父は一応、あいづちは打つのだけど)
『ああ、多分これ意味分かってないだろな?』 と感じることが増えてきて
そんな時
私 「お父さん、今の話、意味分かった?」
と聞くと
父 「いや、わからん(笑)」
と答えることが増えてきました。


           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。