若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい私の先生

父の日記 2009/09/10 木
6月までいてたT先生は今度は北陸の福井県に行きました。

7月からは私の担当の先生はI先生になりました。
7月27日・8月24日ともう二回診察を受けました。
若くてハンサムで優しくって私の話しをよく聞いてくれます。
とても気安くて素敵な先生です。

ある診察の日にT先生が私に一味さんどんな先生が希望かな
たとえば女性の先生とかなんかないかな?
と言ったときに私はT先生に男性の先生でも女性の先生でもいいですが
とにかにT先生みたいに私の話しをよく聞いてくれる先生がいいです。
と私はT先生にいいました。

転勤になる前にI先生に一味さんのことを任せる事にしたのでね。
身体はデカイが性格は良い先生だから
一味さん大丈夫、大丈夫、心配ないからI先生にまかせとけば
それに、I先生とは解らないときはいつでもメールすることになっているから。
と、そう言ってた事を思い出します。

9月7日に内科のO先生の診察に行ったとき
先生が
先生:一味さん今度I先生になったんやね。
私:はいそうです。
先生:I先生は良い先生なので良かったですね。
私:はい
私:I先生はまだ若いですね。大学のここの大学ですか?
先生:そうですよ。
   I先生は地元の方で高校もM高校卒業してます。
私:あ?そうですか。
  ちなみにO先生はどちらのほうになるんですか?
先生:私も地元です。
   M町ですよ。
私:へ?え、先生も地元ですか。
  そしたら実家から通っているんですか?
先生:いえ、私は別の所に住んでします。
私:あ、そうでしか。

O先生にI先生の事を、そう言われて安心したのと嬉しくなりました。

ちなみにO先生に去年インフルエンザが流行っていたときに診察を受けた時
先生マスクしていたので
私:先生、マスクして予防ですか。
先生:いや、違う違う

なんかマスクごしに、ニヤケテいるから
私:あ、そうなんだ、
  先生髭を伸ばしているんやろ
先生:まぁ?んね、いま途中なもんで
私:先生なら髭は似合いますよ。
先生:ニコニコ。

今は、顎から口にかけて立派な髭になり
たしかに、顔が□・○・△・で言うならO先生は□ぽいから顎髭は特に似合っています。

                                                    一味01



スポンサーサイト

診察日2009年7月27日

診察の記録 2009/09/02 水
今回からは、新しい先生の診察になります。
初めての診察だから、少し緊張するかなーと思ったけれど
やはり、今までに何度か面識があったおかげなのか
父も私も、気楽に診察を受けることができました。

先生も、父のカルテをよくみながら、ゆっくりと話をしてくれたし
今までの治療方針を、変える様子もなく
前の先生のときは、どうしていたかと私達に聞きながら
対応してくれたので安心しました。

今飲んでいるうつの薬については
先 「今飲んでいるうつの薬は様子を見ながら
   いずれは、2錠から1錠に減らすようにもっていきたいですね」

と言っていました。


まだ、慣れていない分、何でも気軽には聞きにくいのですが
ただやっぱり、先生は変わらずにずっと同じ先生に診てもらうのが
一番いいなーと感じました。

だけど父が通っている病院は大学病院だから、
今度の先生も数年後には、いなくなるかもしれないんですけど・・・。


           応援ポチポチよろしくおねがいしますさぼてん             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。