若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2008年7月7日

診察の記録 2008/08/03 日
前回の診察で、お薬を変更してもらってから
夜は眠れるようになったらしく
耳鳴りも、マシになってきたようで良かったです。

ただ・・・うつ症状の方は、前の薬の時よりも不安感が強くなったようで
父は、今飲んでいる薬を止めて、前に飲んでいた薬に戻してもらうつもりだと
私に言ってきました。

なので
私 「今、お父さんに合う薬を探してるところなんやから
  前の薬に戻してほしいって先生に言うんじゃなく、今の症状を先生に伝えて、
  薬を戻すか、違う薬に変えるか、先生にまかせたほうがええよ」


と説明すると納得してくれました。


先生は
先 「ああ、薬の量が少ないんですね。量を倍に増やしますね」

と言ったけれど、やはり、父は不安そうな顔をして私の方を見てきたので

私 「薬の量を増やせば、不安感はなくなりますか?
   父は、不安感が強くなったのが物凄く嫌なようで・・・」
先 「それは大丈夫だと思います。薬の量が少なかったせいだと思いますので。
   とりあえず、この薬でもう少し様子をみさせて下さい」
   

そう言われて、父はしぶしぶ 「はい」 と答えてました。

いつもは父の意思を尊重してくれる先生なのですが。


そういえば、前回の診察の時・・・

先 「じゃあ、違う薬に変えてみましょうかね。
   ただ私は、いきなり2錠飲みはじめるのは、あまり好きじゃないので
   まずは1錠から飲んで試してみて下さい」


と言われてたんだった。

私もスッカリ忘れてました。

   
           応援ポチポチよろしくおねがいします              
             日記@BlogRanking   にほんブログ村


COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。