若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2009年4月6日

診察の記録 2009/05/09 土
今、父がお世話になっている先生は、6月一杯で病院を辞めて
他の病院に移るので

私 「次の先生は、もう決まっているのですか?」
と聞くと

先 「ご希望などありますか?」
と言われたので

私 「やっぱり父の話をよく聞いてくれる先生がいいです」
と答えました。

ただ、若年性アルツハイマー病の専門の先生は、いないらしくて
認知症の先生になると言われました。


父は病気になってから、ずっと今の先生に診てもらってたので
他の先生と比較することができないのですが
専門の先生とそうでない先生では、大きな違いがあるのかな・・。


           応援ポチポチよろしくおねがいします             
             日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。