若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日

父の日記 2009/08/18 火
6月29日は、精神科でのT先生と私の最後の診察になりました。
今まで信頼してきた先生が居なくなると思うと
私は食欲もなく意欲もなく身体もだるなり
先生に言うと
先生:私が居なくなるので、落ち込んでますね。
   一味さん大丈夫ですよ、今度の先生は身体は大きいけども
   優しくて力持ちですからね。
   それに一味さんが講演に出てくれた時に手伝いで来ていた先生で
   一味さんの事を知っていますからね。
私:はい、そうなんですか。 
 

先生は今度は福井県の認知症専門の病院に行くことになりました。
私の近くの病院なら先生に診てもらおうと思っていましたが
北陸では少し遠いので諦めました。
先生も今後も講演で私の県にもまた来るからと言っていました。


                                           一味01

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。