若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2006年10月23日

診察の記録 2007/10/16 火
診察に行く数日前から、
父「もう検査結果も聞いたし、これからは診察してお薬もらうだけやから
  一緒についてこなくてええわ」

と、あまりついてきてほしくないオーラを出していましたが
私「病気の事が気になるし心配だから」
と言って、半分強引についていきました。

当日、診察室で
先生「調子はどうですか?」
父 「やっぱり物忘れがひどいです。
   なんていうか、丸ごと忘れてる事があります」
    ・・・・・・・少し沈黙・・・・・・・
父 「年のせいですかね?」
先生「病気のせいですね(即答)」


『丸ごと忘れてる事がある』
私は父の口から、こんな言葉が出ると思っていなかったのでスゴク驚きました。

そして診察の終わりにお薬の話になり
吐き気と下痢の副作用が少しでているが、今のところ我慢できる程度ということで
明日からはアリセプト5mgを飲む事になりました。


診察後、お昼ごはんを食べながら
私「丸ごと忘れてるってどういう事なん?」
父「こないだ来たお客さんの接客したのは、お父さんやって息子が言うんやけど、
  お父さんは覚えてないし思いだせんのや。今、考えてみてもわからんままや」
私「いつ頃から、そんなのなん?」
父「わからん。前はそんな事なかったのになぁ?・・」


そして帰りに
スーパーに寄って、父のお気に入りの「にぎり寿司」を買いながら
父「お父さんが、もしボケて寿司食べたいって言ったら
  この店の今日かった寿司を買ってきてな」
と言われて返答に困りました。

この件以外でも、やたら「もしボケたら?」という言い方をする事が
ふえてきて気になります。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。