若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

お疲れになるでしょう
お父さんも あなたも ビョウキトイウ 強い相手に勇敢に
むかっていく 戦士のように見えます
生まれたからにヮ 土に返る そのことも 頭に入れておかなくてヮ
なりませんが そこに到達するまでの間 ・・ 少しでも
楽しく 優雅に 過していきたい・・ですね
  また お邪魔させていただきたい です
        ありがとう ・・
台所のキフジン | URL | 2007/11/21/Wed 22:36 [EDIT]
台所のキフジンさん、ありがとうございます。

「勇敢にむかっていく戦士のよう」と言って頂いて
思わず目頭がジーンと熱くなりました。
実際の私は、今だに父の病気を受け入れたくない気持ちが強い
弱い人間なのですが
病気としっかり向き合っていかなければ・・・と思いました。

また是非、お立ち寄りください。
私のほうこそ、ありがとうございます・・。
寒くなってきましたが、お体を大切に、のんびり楽しく過ごされてください^^
ヒカル | URL | 2007/11/21/Wed 23:56 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2007年11月19日

診察の記録 2007/11/21 水
ここの所、睡眠薬の調整をしているせいで、2週間おきの診察になっており
先生とよく顔を合わせている気がします。

診察室で
先生「調子はどうですか?」
父 「前回の時に、睡眠薬の量を倍に増やしてもらいましたけど
   それでもやっぱり4、5時間眠ると目が覚めるんです。
   なので先生、眠る時間はこれ以上はムリにしても
   なんていうか、もっと熟睡できる薬があれば、だしてもらいたいんですけど・・・」
先生「なるほど、じゃあもう1種類お薬を増やしてみますかね」
父 「はい。あと先生、ゲリ止めのお薬は前回に先生に出してもらってから
   1日2回飲んでいたんですけど、3?4日くらいしたらゲリも止まって
   今度は便秘気味になったんで今は飲むのをやめています」
先生「そうですか。それは良かったですね。
   アリセプト10mgに変えてから、ゲリの副作用がひどいとおっしゃってたけど
   ゲリもおさまったのなら、これからも10mg飲んでも大丈夫だと思います」
父 「はい」
私 「あの先生、睡眠薬って量を増やしたり強くしたりすると
   どうしてもあまり良くないのではないかと思ってしまうんですが
   実際は、そんなことはないんですか?」
先生「睡眠薬に限らず何の薬でも、飲むよりは飲まないほうがいいですが
   薬をやめたり減らしたりする時に、急にやめてしまうと
   また眠れなくなったり調子が悪くなったりと影響がでることもありますので
   量を調節しながら様子をみていけば問題ないと思います」
父 「昔は睡眠薬って副作用が残るって言われてたけど
   今はもうそんな事ないんですよね?」
先生「そうですね。例えば、夜中にトイレに行く時に足元がフラついて歩けないとか
   翌朝もフラフラしているということであれば、考えなければいけませんが
   次の日の朝に、まだ薬が残っていて少し頭がボーっとする程度でしたら
   心配いりませんので。
   あと、その事が原因で認知症が進むという事もありませんのでね」
私 「そうですか、わかりました」
先生「ではまた睡眠薬を変更したので、2週間後の診察でいいですか?」
父 「はい、かまいません」


この日は父の訴えも特になく、いつもより早く診察が終わりそうだなと思っていると
突然、父から先生に世間話を持ちかけていきました。
(先生の診察を受けるようになってから1年過ぎましたが
いつも先生の前では、オドオドしながら会話していた父だったので
少しオドロキました)

その後しばらくの間、先生と父は、和やかなムードで会話がはずんでました。

先生「一味さんは、どこか旅行とか行かれたりしないんですか?」
父 「あまり行きたいとは思わないようになりましたね。
   前は、前っていってもガンになる前までは
   私は長崎に行った事がないので、いつか行ってみたいなと思ってたんですけどね
   病気してからは、あまり思わないようになりました」
先生(私の方を見て)
   「病気のせいで自分から何かしようという意欲がうすれてきますのでね」

  (このセリフは以前にも何度か言われたことがあります。
   この後に続く言葉は“周りの方が後押ししてあげてください”という事です)

そしてまた父に向かって
先生「そう言われずに、ご家族やお友達と行ってみてはどうですか
   お仕事も大事ですけど、お仕事ばかりでなく少し出かけたりするのも
   気分転換にもなるし脳にとってもいいんですよ。
   ただ、1人で行くのは心配ですのでね
   親しい人達と一緒に、行かれるようにしてくださいね」


他にも色々と会話してたのですが、さすが精神科の先生というべきなのか
帰る頃になると父は、ニコニコとご機嫌になってました。

今日も睡眠薬を変更したので、また2週間後に診察になりました。

帰りに、いつも父と病院の後に行くお店でランチを食べて(もちろん父のおごりで!笑)
その後、スーパーに金魚を見に行きました。父は、近々金魚を飼う予定です!


       ランキングの応援ポチっとよろしくおねがいしますピンクのきらきら
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

お疲れになるでしょう
お父さんも あなたも ビョウキトイウ 強い相手に勇敢に
むかっていく 戦士のように見えます
生まれたからにヮ 土に返る そのことも 頭に入れておかなくてヮ
なりませんが そこに到達するまでの間 ・・ 少しでも
楽しく 優雅に 過していきたい・・ですね
  また お邪魔させていただきたい です
        ありがとう ・・
台所のキフジン | URL | 2007/11/21/Wed 22:36 [EDIT]
台所のキフジンさん、ありがとうございます。

「勇敢にむかっていく戦士のよう」と言って頂いて
思わず目頭がジーンと熱くなりました。
実際の私は、今だに父の病気を受け入れたくない気持ちが強い
弱い人間なのですが
病気としっかり向き合っていかなければ・・・と思いました。

また是非、お立ち寄りください。
私のほうこそ、ありがとうございます・・。
寒くなってきましたが、お体を大切に、のんびり楽しく過ごされてください^^
ヒカル | URL | 2007/11/21/Wed 23:56 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。