若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

私の各科の先生

父の日記 2007/12/31 月
先々週久しぶりですが、今年最後の外科外来へ行きました。

今は、三ヶ月に一度のペーでスで、
私の主授医のY先生に診て貰っています。

Y先生は四年前は教授で、私の肺がんの手刀医でも有り、
二年前から医大のNO2で、副院長も兼ねてます。

入院時から、わたしの我がままを、
随分を大目に良く見ていただきました。

肺のほうは順調ですよの先生のお言葉を頂き今度は
来年の2月には肺のレントゲンを撮り
夏前にはPET検査の予定を言われました。

娘が癌の再発を心配して診察の時いつも一緒にいって
先生にアレコレ言うもんだから、先生が気を利かして
PETは術後から毎年、受けてます。

どの癌でも、3年・5年が特に再発の恐れが
有るので注意しなさいと、私の癌を見つけてくれた、
レントゲン専門(肺)の外来内科のF先生(今は某医科大教授)の、
言葉を今も頭の中に強く残っています。

三年目は無事通過したので今度は五年目です。
油断は禁物なので目を光らして暮らしてます。(笑)

そう、心房細動で診てもらっている内科の担当O先生は副教授で、
心臓と血圧では、随分お世話をかけています。

慢性内耳炎・めまい・耳鳴りで診てもらっている
耳鼻科の担当M先生も教授です、

神経科の担当T先生は講師ですが先は有望株です。
良くアルツハイマー病の講演に行っています。


今年も最後の日まで私の悪運が良くて、年越しが出来そうです。
そして来年も運をつかみ取り、粘り強く生き抜いて行きたいと思います。

                                            一味01

                         

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。