若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

娘夫婦と車の安全祈願へ

父の日記 2007/12/03 月
昨日は、お昼から娘夫婦達とMちゃんの車のお払いに
3人で行く事を前々からの予定にしていました。

お昼の2時に着き。Mちゃんの大好きなコーヒ(お店専用)で
1杯(1回)づつ豆を引くので、Mちゃんはお父さんのお店の
コーヒ、「僕が仕事の合い間に毎日行ってる喫茶店の

コーヒより美味しい」と喜んでくれます。

会社は、Mちゃんの父の会社で今はチーフなので
仕事の合い間に行く見たいです。

Mちゃんがコーヒを飲んでる間に、娘にパソコンの
操作を色々教えてもらい感謝の気持ちが目から水が涌いて
あふれてきそうです。


わが家を3過ぎに出て行き、現地に着きました。

私は車から降りて周りを懐かしく(ふっと昔の光景が色々と
よみがえり)見渡しました。

その間、Mちゃんが祈願の受付をすまし終えたので。
3人最上段に建っている本堂へ行く。

私は、19年目(私の愛車)以来で景色も
そのままの長い石段を、酸欠状態で本堂まで歩き礼拝して
又、少し周りを散歩して記念にビデオやカメラをお互いに
取り合いました。

天候も、少し肌寒いですが青空で紅葉も見渡すかぎりで、
目色が赤黄緑色になっていました。

ご祈とうの時間がきたので階段を長々と降りていきました。
とその時、ご祈とうします?の声で車の前に行き、

ご祈とうを終えて皆で、次の焼肉屋に向かいました。

途中、ドライブウェイに入り、これまた紅葉がグンバツなので、
途中下車をたびたびしてシャッターを切りました。

焼肉はバイキングに着くなりMちゃん駐車場ないをウロウロ
娘:そこが空いてるやん
M:車、当てられたら嫌なんで、少し離れて止める?。
娘:ふぅ?ん


娘は普通の体の割りに良く食べます。

そのうわては、身体はガッチリの大柄のMちゃんで、普通の人の
三人前はペロリとべます。そして、二人とも私のオゴリなので、
この日は特別健康状態ですね(笑)

娘が突然に。
娘:お父さん、うち等には、バイキングつれて来て来週、
  息子達とは、いつもの焼肉屋へ行くんでないやろなぁー!(笑)
私:いかへん・いかへん、そんな不公平な事せえへん、
  皆平等やがなぁ?。
娘:フン、それならええけど。(笑)


なので、来週、車の祈願(息子の車)後には夫婦と二人の孫と
わたしの5人でこの店に来ます。

私は、この年齢で今でも焼肉は大好きなのもんで、
ホント私のお腹の中は腸だらけです。(笑)

                                一味01


COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。