若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

父の病歴

★はじめに 2007/09/30 日
・1998年7月 (48歳)
  脳神経外科に検査入院
  (ろれつが回りにくい、左手の感覚が鈍く感じた為)

・2002年7月 (52歳)
  朝方、心房細動を起こして救急車で搬送され入院

・2003年7月 (53歳)
  肺に悪性腫瘍が見つかり入院、手術
  左肺3分の2を切除

・2005年6月 (55歳)
  胆管と胆嚢に胆石が大量に見つかり入院、
  一度では取り除けず、二度手術

・2006年8月 (56歳)
  物忘れ外来受診、若年性アルツハイマー病の疑いあり

・2007年6月 (57歳)
  若年性アルツハイマー病と診断される

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。