若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2007年1月15日

診察の記録 2007/10/16 火
父と待合室でイスに座って診察の順番待ちをしていた時のこと。

2人で話をしていると、耳鼻科の方でお世話になっているM先生が
父と私の目の前を通り過ぎていきました。
その時、父は一瞬、M先生の方に気をとられたのですが

父「あぁぁ、今通っていったのM先生や」
私「そうやな?」
父「・・・・・。ええと・・・、なんの話してたっけ??」


と、直前の会話が分からなくなってしまったらしく

父「最近、よくこんな事あるんや」
私「えっ、 どんな感じ?」
父「つい今、考えてた事が忘れてしまって思い出せなくなる」
私「少し考えてみても思い出せないん?」
父「思い出そうとしても思い出せんから、もう忘れたら忘れたで気にせんのや」
私「どんな時に、そんな風になるん?」
父「朝が多いな?。いつも朝、目が覚めても20、30分くらい
  布団の中で目を閉じたまま、考え事するんやけど
  (例えば、あの株は昨日はこんなだったから今日はこうなるかなぁ、とか)
  フッと何を考えてたか分からんようになるんや。
  それが、どの株だったかなってのじゃなくて
  株の事を考えてた事自体が分からんようになってしまうんや」
私「どれくらいの間隔で?週1回くらい?」
父「もっとやなぁ。2?3日に1回くらいか・・・」


私はついつい・・・父に病気の症状などを細かく聞いてしまいます。
聞いたところで、父の不安を解消してあげる事もできないのですが
それでも、今がどんな状態でどんな風に父が感じているのかを
知りたくて聞いてしまいます。
聞いて、そして私もショックを受け落ち込んでしまいます。(汗)
(この頃は、まだ父の些細な変化の1つ1つに、いちいち落ち込んでいました)


病院の帰り、今日も「これからはもう1人で来るから、ついてこなくていい」と言われました。
どうやら父は、周りの人の目が気になるようで
“自分は精神科に通っていて、1人じゃ来られないから娘が一緒についてきてる”と
思われるのが物凄くイヤな様子。
(父の通っている病院では、物忘れ外来は精神科での受診になるため
 待合室も精神科と同じ場所にあります)
「お父さん、1人で来れないんじゃないのに絵文字名を入力してください」とブツブツ文句を言っていた。


私からみた最近の父の様子

・アルツハイマー病の事は、あまり怖くないらしい。

・アルツハイマー病よりは、むしろ肺がんの再発を恐れている。
 理由は「アルツハイマーは死なないが、ガンは再発したら死ぬ確立が高いから」

・1年後の検査で、もしアルツハイマー病だと診断されたら告知を希望している。

・この頃は、弟と仕事の内容でよく口げんかになっていた。
 私からみると、父は弟に八つ当たりしている風にみえる時がある(父は否定しているが)

・機嫌がよくても、突然スイッチが入ったかのようにイライラしだす事が増えた。
 どういう状況でイライラしだすのか分からない。

・ちょっとしたミスが生じた時、誰も父のせいにするつもりはないのに
 「お父さん知らん!お父さん関係ない!」と自分のせいにされるのを避けようとする。


       ランキングの応援ポチっとよろしくおねがいします! ハナ/bl            
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。