若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

父について

★はじめに 2007/12/20 木
昭和24年(1949年)生まれ

勉強嫌いな父でしたが
「何か手に職を持つ仕事をしなさい」という祖父のススメもあり
高校を卒業後、大阪の専門学校に通い資格を取得。

その頃、田舎から出てきていた母(元嫁)と出会い、父24才、母22才の時に結婚。

父は三男で、家を継ぐ必要がない為
結婚後は、母の故郷で家を建て、家族4人(父、母、娘、息子)で暮らす。

しかし、結婚から約8年目で別居、そして10年目の父34才の時に離婚。

子供の親権をめぐって、調停で親権争いを繰り広げた末、父が親権をとる。

父は離婚の際、「子供と(子供の)勉強机だけあれば、他は何もいらない」と言い
一文無しの状態で、故郷に帰る。(父35才、娘10才、息子8才)

祖父に資金援助をしてもらい、なんとか自分のお店をオープン。

その後、父の仕事は大繁盛し、毎日朝9時?夜中の12時、1時まで
働きづくしの生活が約15年間、続きましたが
大きな病気一つする事なく、男手一つで私と弟を育ててくれました。

ところが、子供2人が成人して
やっと一息つけるという頃から、少しずつ体にガタがでてきて
心房細動、肺ガン、胆石と、立て続けに病気になり入院・手術をしました。

アルツハイマー病は、発症時期をハッキリ断定することができませんが
私達家族の推測だと、2003年に肺ガンを患ったあたりから
小さな変化が現れてきていたように思います。

そして2007年、父は若年性アルツハイマー病だと診断されました。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。