若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

アルツハイマー病の薬(アリセプト)

アルツハイマー病 2008/01/18 金
●塩酸ドネペジル(製品名:アリセプト)

アリセプトは日本の製薬会社「エーザイ」が開発した薬で
アメリカで認可された後、世界中の多くの国々で使われています。
日本では現在、アルツハイマー病の薬として認可されているものはアリセプトだけです。

アルツハイマー病の人の脳では
脳の神経細胞に情報を伝える神経伝達物質の減少がみられます。
中でも、記憶と深く関係がある 『アセチルコリン』 の減少が特に強く
この物質が減少するために、まず物忘れなどの記憶障害が起こりやすくなります。
その為、アルツハイマー病と診断されたら
アセチルコリンの減少を防ぐ薬 → 『アリセプト』 が処方されます。


●アリセプトを服薬した場合  
 
アセチルコリンを分解する酵素の働きを抑え
     ↓
アセチルコリンが分解されにくくして
     ↓
アセチルコリンを長く脳内に残す(つまりアセチルコリンを増やす)
     ↓
記憶力を高めたり、アルツハイマー病の症状の進行を遅らせる効果がある


薬の効果は、患者によって様々ですが
症状を半年から1年ほど前の状態にもどすことで
病気の進行を見かけ上、遅らせる効果があります。
しかし、アリセプトには脳の神経細胞の死滅そのものを止める作用はないので
アルツハイマー病の進行を止めたり治すことはできません。
アルツハイマー病の根本的な治療薬は、今のところありません)


●薬の副作用

副作用は、比較的少ないほうですが、主な副作用として
吐き気、嘔吐、ゲリ、食欲不振、腹痛など消化器症状が起こることがあります。

最初は3mgから服用を開始し、問題なければ1?2週間後に5mgに増量するようです。
※薬の量が増えるのは、症状が悪化したからではなく
  薬を除々に体に慣らしていく為です。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。