若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

先生の言われる通り、とても頑張っていると思います。行動にスピーディーを求めないで、その都度マイペースがベストです。急かしたらダメです。仕事、マージャンが出来るのですから素晴らしいです。外出で時間が決まっている時は、誰かが準備する時間をゆっくりに設定して声をかけてあげれば良いと思います。事務所の隣は湯島天神ですので、最近は中・高生の受験生でごったがえしています。
穏やかな年にしたいですね。
のんた2号 | URL | 2008/01/10/Thu 13:05 [EDIT]
私も一味さんは素晴らしいと思います
沢山のことを頑張られていますもの
ブログで一味さんの様子を読む中では、重い症状には感じられません
(私も物忘れは自分で「大丈夫か?」と心配になるくらいしますし・・・)


ただ、娘さんは病気になる前のお父さんを知っています
その頃のお父さんと、今のお父さんをどうしたって比べてしまいますよね
“あんなこともこんなことも出来なくなってしまった”、と

でも、こう考えてみてはいかがでしょう
“まだまだ、こんなことが出来る!”

発想の転換ってヤツですね
出来ないことを数えるより出来ることを数えている方が、ずっと明るい気持ちでいられるような気がするのです
どうでしょう???







秋雨 | URL | 2008/01/10/Thu 21:21 [EDIT]
こんばんわ、のんた2号さん。

実は、普段は父の方がドタバタと慌てるようになってきて
私や弟がよく「お父さん落ち着いて!」と声をかけています。
ですが最近になり、仕事面や時間の待ち合わせなどでは
なぜか遅れるようになってきていました。

外での待ち合わせは、よほど大切な用事でない限り
「少しくらい遅れても、構わないんやから慌てないように」と言うようにしています。
慌てて交通事故でもおこしたら大変ですから。
のんた2号さんが言われたように、マイペースが一番ですね。

今年は、穏やかでゆったりと過ごせる年になってほしいと願っています。
ヒカル | URL | 2008/01/10/Thu 23:55 [EDIT]
秋雨さん、こんばんわ。

そうなんですよね。
病気のせいなんだから、比べたらダメだとわかっているんですけど
ついつい昔の父と今の父を比べてしまうんです。
出来なくなっていくこともショックですが
何よりも今は、父の性格が変わってきた気がするのが一番キツイです。

父は今(時に応じて援助が必要です)
まだまだ、普通に日常生活を送ることができているのですが
これから先を、明るく過ごしていく為には
「発想の転換」が大事になってくるんですね。
上手く気持ちを切り替えていけるか不安ですが・・・
でも、どうせ同じ状況を過ごすなら、楽しく笑って過ごしていきたいなとは思います!


立て続けに、お二方に褒めて頂き、
コメントを読んだ時の、父の笑顔が目に浮かびます(笑)
ヒカル | URL | 2008/01/11/Fri 00:28 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2008年1月7日

診察の記録 2008/01/09 水
この日、父は最近の気になっている事を先生に話していました。

(その1)
近頃、仕事だけでなく何に関してでも、自分が思っている以上に時間がかかってしまう
自分では、時間を計算して行動しているつもりなのだが
今までの感覚で動いていたら、なぜか遅くなってしまう

実はこの日も、病院に行く為に父と10時30分に待ち合わせしていたのですが
父が来たのは、10時50分頃でした。
(今回だけでなく最近、待ち合わせに遅れることが増えてきていました)

(その2)
物忘れがひどくなった気がする事
食べようと思って、買っておいた食べ物を食べ忘れ、2?3日経って
買ってあったことに気がついたり、買ったことを忘れていて、また買ってきてしまったり
電気・看板・ドアなどのスイッチ、カギの入れ忘れ切り忘れが、前よりもひどい

先生は一通り、父の話を聞いた後に
先 「病気の症状からきていますね」 と言い、続けて
先 「少し早めに行動するようにするしかないですね
   私の診察は、遅れても全然かまわないのですが
   お仕事への影響がでるようなら困りますね」
父 「昔なじみのお客さんが多いので、それは大丈夫です」


   (ココで会話が途切れたので、次は私が先生に質問しました)

私 「時間に遅れたりするのは、時間の感覚がなくなってくるのとはまた別なんですか?」
先 「病気のせいで、一つ一つの動作に時間がかかるようになっているんだと思います」
私 「これが進むと時間の感覚が鈍くなるんでしょうか?」
先 「それとは、また別だと思いますね。
   私達でも、朝起きて寝ぼけている時だと、うっかり何かをやり忘れたりして
   ムダに時間を使ってしまうことありますよね。
   そんな感じで、以前より時間がかかるようになっているんでしょうね
   ただ、私からみるとご本人は、すごく頑張っておられると思いますよ」


   (先生がいつも言うセリフなので、今回はちょっと聞き返してみた)

私 「先生からみると、父は頑張っている方なんですか?」
先 「告知を受けた上で、自分がアルツハイマー病だと自覚しているからこそ
   誰のせいにする訳でもなく、客観的に自分の事をみれていると思います」
私 「客観的にみるって普通、なかなかできない事だと思うんですが・・・」
先 「ええ、難しいことだと思います。なので、すごく頑張っておられると思います。
   やはり告知をうけて、自分の病気を理解されているからですね。
   告知を受けていない場合だと、こんな風にはいきませんしね。
   今のこういった状態は、今後も比較的長く保たれていくと思いますよ」


そして先生は、父の方に顔を向けて
先 「私の患者の中では、一番の優等生ですよ」 
そう言われた瞬間の父の嬉しそうな顔といったら(笑)

睡眠薬は、2週間分しか処方できないらしく
今後は、2週間おきに診察に行く事になりました。
今までよりも、病院に行くペースが短くなり少し面倒ですが
その分、いつも先生の診察を受ける事ができるので良いのかな!?


それと・・・先生が父の事を 
『誰のせいにするでもなく客観的に自分をみている』 と言った時
“そんなことないのに!お父さん、すぐ人のせいにするようになったのに!” 
と内心では思ったのですが・・・
私は、父以外でアルツハイマー病の方と接した事がないから分からないだけで
実際は、父の症状は軽い方なんだろうか!?
それとも、まだ序の口で、これから色々変わっていくんだろうか!?
ついつい、余計な事を考えてしまいます。


           応援ポチっとよろしくおねがいします ラベンダー            
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

先生の言われる通り、とても頑張っていると思います。行動にスピーディーを求めないで、その都度マイペースがベストです。急かしたらダメです。仕事、マージャンが出来るのですから素晴らしいです。外出で時間が決まっている時は、誰かが準備する時間をゆっくりに設定して声をかけてあげれば良いと思います。事務所の隣は湯島天神ですので、最近は中・高生の受験生でごったがえしています。
穏やかな年にしたいですね。
のんた2号 | URL | 2008/01/10/Thu 13:05 [EDIT]
私も一味さんは素晴らしいと思います
沢山のことを頑張られていますもの
ブログで一味さんの様子を読む中では、重い症状には感じられません
(私も物忘れは自分で「大丈夫か?」と心配になるくらいしますし・・・)


ただ、娘さんは病気になる前のお父さんを知っています
その頃のお父さんと、今のお父さんをどうしたって比べてしまいますよね
“あんなこともこんなことも出来なくなってしまった”、と

でも、こう考えてみてはいかがでしょう
“まだまだ、こんなことが出来る!”

発想の転換ってヤツですね
出来ないことを数えるより出来ることを数えている方が、ずっと明るい気持ちでいられるような気がするのです
どうでしょう???







秋雨 | URL | 2008/01/10/Thu 21:21 [EDIT]
こんばんわ、のんた2号さん。

実は、普段は父の方がドタバタと慌てるようになってきて
私や弟がよく「お父さん落ち着いて!」と声をかけています。
ですが最近になり、仕事面や時間の待ち合わせなどでは
なぜか遅れるようになってきていました。

外での待ち合わせは、よほど大切な用事でない限り
「少しくらい遅れても、構わないんやから慌てないように」と言うようにしています。
慌てて交通事故でもおこしたら大変ですから。
のんた2号さんが言われたように、マイペースが一番ですね。

今年は、穏やかでゆったりと過ごせる年になってほしいと願っています。
ヒカル | URL | 2008/01/10/Thu 23:55 [EDIT]
秋雨さん、こんばんわ。

そうなんですよね。
病気のせいなんだから、比べたらダメだとわかっているんですけど
ついつい昔の父と今の父を比べてしまうんです。
出来なくなっていくこともショックですが
何よりも今は、父の性格が変わってきた気がするのが一番キツイです。

父は今(時に応じて援助が必要です)
まだまだ、普通に日常生活を送ることができているのですが
これから先を、明るく過ごしていく為には
「発想の転換」が大事になってくるんですね。
上手く気持ちを切り替えていけるか不安ですが・・・
でも、どうせ同じ状況を過ごすなら、楽しく笑って過ごしていきたいなとは思います!


立て続けに、お二方に褒めて頂き、
コメントを読んだ時の、父の笑顔が目に浮かびます(笑)
ヒカル | URL | 2008/01/11/Fri 00:28 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。