若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

父に聞いたこと

娘の日記 2008/02/05 火
前回の電話での会話の続きなのですが
いつも私は、父の思っていることが知りたくて、つい余計な事まで聞いてしまいます


私 「こんな風に、少し前に自分が喋った言葉を忘れてるってことに
   ショック受けたりとか、前はこうじゃなかったのに・・・とかって思ったりしないん?」
父 「そんなのは、ないなぁ?。
   さっき自分が言ったことを、まだ何十秒しか経ってないのに
   もう忘れてるって思うことはあるよ。
   前よりひどくなったんかな?と思ったりもするけど
   その事をいちいち振り返って、ショックやなっていうのは思わんな?。
   思わんってより、ショックっていうこと自体が頭に浮かばんわ」


まぁ、ショック受けたり落ち込んだりされてると
こっちも辛くなるだろうから、これでいいんだけど。

元々、父はクヨクヨ落ち込んだり悩んだりする方でなく
どちらかといえば 『これも運命』 と割り切って、前に進んでいくタイプです。

父自身も
「お父さんは、落ち込まない性格やからな。なんでもプラス思考なんや」
と、よく言っています。

そんな父の考えが、良い方向に現れているのか(?)
落ち込んだり不安がったりしている様子がないのは、幸いだと思います。

私が子供の頃、父はよく
「お父さんは、どんな状況におかれても、苦しいとか辛いって思ったことない。
 どんな時でも、これが自分の運命やと言い聞かせてきた。
 運命やと思ってるから、辛い事や嫌な事でも乗り越えられるんや」

と言っていました。

父はこの日も父は
「この病気になったのも、神様が与えた自分の運命やと思ってる」
と言いました。


ついでに、もう1つ聞きました。

私 「あとな、普段の会話でお父さんが2度3度って同じ話をしてたら
   『前もその話聞いたよ』 って言ってくれるほうがいい?
   それとも、黙ってもう1度、話を聞いてくれるほうがいい?」
父 「それは、お父さんの場合は、前も聞いたって言ってくれたほうがええな。
   そう言われても、気悪くせんから。
   どっちかっていうと、また同じ話しなくてええから楽やって思うから」
私 「へぇー、そうなんか」
父 「ただ!ケンカになって言い合いになってる時は別やぞ。
   ケンカの時だったら 『2回でも3回でも何回でも聞いとけ』 って言うてしまうぞ」



今まで私は、何回も話を聞いてあげたほうがいいのかなと勝手に思っていました。
だけど、父の答えは違っていました。
今、こうして聞けるうちに、しっかり聞いておかなきゃいけないなと思いました。


           応援ポチっとよろしくおねがいしますかえる             
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。