若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

検査結果2007年6月4日

診察の記録 2007/11/02 金
5月25日に、MRI検査とMMSEテストを受けました。

そして6月4日
父、私、弟と、2歳の姪を連れて、検査結果を聞きに行きました。
(義妹は、どうしても外せない大事な用事があって来れませんでした)

先生の話の途中で、2歳の姪が泣き出さないか心配でしたが
なんとか静かにしていてくれたので助かりました。


で、検査結果ですが・・・

先生は、まずMRI画像を出してきて
先生「脳の萎縮自体は画像で見る限り、進んでいるようにはみえませんね」
と言い、3人共少しホッとしました。

続いて
先生「テストの点は、前回と同じ29点でしたが、答えられなかったのは
   覚えてもらった3つの言葉のうちの1つが思い出せないことでした。
   私がヒントを出してみても、思い出せませんでした」

と言いました。


MRIとMMSEの検査結果の説明が終わり
次は、私達が一番知りたいところ・・・
 『アルツハイマー病なのか、ちがうのか』 
緊張しながら、先生が何か喋りだすのを待っていると

突然、父の方から
父 「1年後にまたMRIを撮ったら、アルツハイマーかどうか分かるって
   おっしゃっていましたが・・・どうなんでしょうか?」

(父から聞くとは思わなかったので、オドロキました)

先生「アルツハイマー病で、ほぼ間違いありません」
とハッキリ言いました。

他に
先生「人間は死亡率100%なんですからね」
とも言っていました。

この他にも、何か言っていたような気がしますが、よく覚えてません。


告知を受けた時・・・

父、私、弟の3人とも
「そうですか」 としか言葉が出ませんでした。

父と弟が、どう感じていたのかは分かりませんが
私は、なんて反応したらいいのか分からず、言葉がみつかりませんでした。
少し間があいて・・・ 一番最初に口を開いたのは、弟でした。

弟 「先生、お酒はあまり良くないんですよね!?」
先生「え!!! 私、やめて下さいと言いましたよね!?」

と父に向かって聞き返しました。

父 「え・・・ そうでしたっけ?」 とニガ笑い (多分、知っていた感じ)
先生「言いましたよ?(笑) アルコールはよくありませんからやめて下さいね」
父 「だいぶ、量は減らしているんですけどね?」
先生「少量だろうが、よくありませんよ」
父 「・・・・・・・・・・」
先生「やめてくださいね?」
父 (無言で固まってる)


父は、アルツハイマー病だと言われた事よりも
お酒をやめるように言われた事に、ショックを受けているようにみえました。

この後も、先生はお酒をやめるようにと何回か繰り返しましたが
父は、よほど、やめたくないみたいで最後まで返事をしませんでした。

私と弟は、初診の日からこの日まで、約10ヶ月が経過したこともあり
父の病気のことを、少しは理解できるようになってきてました。
それでもやはり、先生から直接、告知された時は
『ああ・・・やっぱりアルツハイマー病なのか』 とショックを受け
これからどうなっていくんだろう・・・と不安が募るばかりでした。


診察の終わりに
先生「じゃあまた、お薬を出しておきますね」
父 「はい!」
私 「お父さん、もしあれだったら・・・また5mgに挑戦してみたら?」
父 「あ、そうやな。先生、5mgの方に変えてみようと思うんですけど」
先生「でも5mgだと、お腹こわすんじゃなかったですか?
    ムリする必要はないんですよ」
父 「もしまたお腹こわしたら、半分に割って飲んでもええですよね?」
先生「じゃあ5mgの方、出してみましょうか」
父 「はい、お願いします。お腹こわすのよりも、脳の方が大事ですもんね」


『脳の方が大事』 
このセリフには、先生も驚いていました。


父 「前は、そんな事なかったんだけど・・・こないだのMRI検査の時
   検査してくれた人の説明の意味がよく分からなかったんです。
   今まで何回も、ココでMRI撮ってきたし、今まで分からない事は一度も
   なかったのに、説明する人のしゃべり方が早口だったからか
   何を言っているのか、分からなかったんです」
先生「そんな時は “私はアルツハイマー病なんで、もう少しゆっくりと
   説明して下さい” って言えばいいんですよ」

と微笑みながら言いました。


アルツハイマー病だということを隠さずに、堂々としてればいいんですよ
と言っている気がしました。

先生は、何でも隠さずに言いたがる父の性格を分かってるのかな・・
 

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。