若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

60代親が、先日アルツ初期~中期と診断された30代の子です。
2ヶ月程、アリセプトを飲んでいなかったようです。
はっきり診断されて良かった反面、不安が増すばかり…
このブログを見つけ、色々勉強していこうと思ってます
ミルコ | URL | 2008/02/25/Mon 20:59 [EDIT]
ミルコさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
自分の親が、50代、60代でアルツハイマー病だと診断されるのは
とても辛いですね。お気持ちお察しします。
うちの親も、アルツハイマー病かもしれないと医者に言われてから
1年半くらい経ちますが、この先どうなるんだろうという不安は
今もずっとつきまとってます。
このブログがミルコさんのお役に立てれば嬉しいです。また是非、お寄りください。
ヒカル | URL | 2008/02/25/Mon 23:35 [EDIT]
はじめまして。
先日、85歳になる母がアルツハイマーと診断され、ネットをさまよっているうちにここにたどり着きました。

3ヶ月前ぐらいから明らかに幻覚、幻聴、妄想と思われる発言が増え、心療内科を経ての診断でした。
私自身は、遠く(伊東)に住んでいるため同居(実家は東京)している胆嚢がんを患っている父からの報告のみなのではっきりしたことは解らないのですが、6ヶ月前に父ががんを宣告された頃から母の様子がおかしくなってきたようです。

どのページにも物忘れから始まりなどの記載のみで、幻聴幻覚等についての記載が無かったのですが、このページの記載を見て愕然としています・・・。
アルツハイマーの症状として、妄想、幻聴などは症状が進んでいるのでしょうか??

父のがんも余命宣告を受けている状況ではありますが、今のところ状態は一進一退で自宅療養を続けているのです。
父の看病をする場合ではなくなってしまう日も近いと思うのですが、
私に出来ることは何なのか、毎日考えている日々です。

とりとめもない文章で失礼しました。。。



kayo | URL | 2009/02/19/Thu 10:29 [EDIT]
たびたび失礼します。年齢は75歳の間違いでした。。
kayo | URL | 2009/02/19/Thu 11:07 [EDIT]
はじめまして、kayoさん。

ブログみて下さってありがとうございます。
このページに記載してあることは、私が自分なりに調べてみたことですので
正確な情報かどうか分かりませんが。。。
妄想などの周辺症状は、原因がどこか別にある場合も考えられると思うので
専門医の先生に詳しく相談されてみてはいかがでしょうか。
原因を取り除いたり、薬を服用することで症状が軽減されることもあると思いますし。
私は専門家ではありませんので、詳しいことは言えず
kayoさんのお役に立てなくて申し訳ないです。
ヒカル | URL | 2009/02/22/Sun 16:17 [EDIT]
お返事ありがとうございます!
他に原因があるのだといいのですが。。。
不安からくる一時的なものであったり。。

癌を患いつつも、父が母と共に脳外科に通う日々のようです。

役に立てないなんてとんでもないです。
お返事いただけただけで光栄です。

また、お邪魔させてくださいね。
kayo | URL | 2009/03/01/Sun 14:47 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

アルツハイマー病の症状

アルツハイマー病 2008/02/23 土
●周辺症状

アルツハイマー病の症状は、中核症状と周辺症状に分けられます。
周辺症状とは、中核症状が元になって引き起こされる症状のことで
その人の性格や人生経験、身体状況、周囲の環境などによって
症状の現れ方は千差万別です。
すべての症状が現れるのではなく、人によっては現れない症状もあります。


・感情面の障害
  抑うつ
  意欲の低下(やる気がなくなる)や自発性の低下、気分の落ち込みなど
  うつ病と似た症状が現れることがあります。

  不安、焦燥【しょうそう】、興奮
  今まで出来てたことができなくなったり分からなくなったりする為
  不安や焦りなどが強くなり
  イライラや興奮などの症状が現れたり、感情が不安定になることがあります。

  依存
  不安や焦りのために、依存的な傾向が強まり、少しでも1人になると落ち着かず
  常に家族のあとをついて回るといった行動が現れる場合もあります


・妄想【もうそう】
  事実でないことを事実だと確信し、周りが間違いを指摘しても聞き入れない状態
  誰かが財布や通帳を盗んだという「物盗まれ妄想」
  夫(妻)が浮気しているという「嫉妬妄想」
  嫁が食事に毒を入れているという「被害妄想」 
  などがよく現れる症状で、身近な家族が対象になることが多いようです。


・幻覚、錯覚
  幻覚
  実際には存在しないのに、何かが見えたり(幻視) 声や音が聞こえたりする。(幻聴)
  「妖怪が部屋にいる」 「服の中に虫が入っている」 など。

  錯覚
  実際に見たことや聞いたことを、違うように受け止める。
  「白い洗濯物を幽霊だと勘違いする」 など。


・睡眠障害
  睡眠と覚醒【かくせい】のパターンが狂い
  昼間は居眠りしたり、ボーッとするのに、夜になると頭がさえて興奮して眠れないなど
  リズムの乱れが起こります。
  病気が進行すると、昼と夜の区別がつかなくなったり
  昼夜関係なく、寝たり起きたりするなどの症状が現れたりします。


・せん妄【せんもう】
  せん妄とは、軽度の意識障害です。
  意識がぼんやりして、落ち着きがなくなり
  興奮、幻覚、錯覚、妄想などが加わった状態で、異常な言動や行動がみられます。
  昼間は何ともなく、夕方から夜間にかけて症状が現れやすい。


・徘徊【はいかい】
  特に目的もなく、歩き回る場合もありますが
  実際は、何か理由があって外出したが、記憶障害や見当識障害のために
  目的を忘れたり、自分がいる場所がわからなくなったりして
  歩き続けてしまうことが多いようです。


・人格の変化
  それまでの人格が極端なものになります。
  病前の性格傾向が(自己中心的、短気、頑固、わがまま、厳格など)
  より強く現れるようになる為に、人格が変わったように感じます。
  また、神経質な面も現れ、周囲の人間の態度や対応、発言に敏感で
  些細なことで怒りっぽくなったり、興奮したり、不機嫌になることもあります。
  感情をコントロールすることが苦手になり、気分が変わりやすくなります。


・攻撃的行動(暴言、暴力)
  自分の行動を注意されたり、止められたりした時や
  不満や不快な出来事を、上手く言葉で説明することができない時などに
  大声で叫んだり、ののしったり、かんしゃくをおこしたり
  物を投げたり蹴ったり、他人を叩いたりして傷つけることがあります。


・食行動の異常
  過食
  記憶力低下のため、食事したことを忘れて、何度も食事しようとする。
  また、満腹中枢が障害されて、いくら食べても満腹感が感じられず
  食事量や食事回数がふえることもあります。

  異食
  食べられる物と、食べられない物の区別がつかず
  身の回りにある物、手に触れる物は何でも口に入れてしまうことがあります。
   (腐った食べ物、ゴミ、石鹸、紙、土、草花、線香 など)


COMMENT

60代親が、先日アルツ初期~中期と診断された30代の子です。
2ヶ月程、アリセプトを飲んでいなかったようです。
はっきり診断されて良かった反面、不安が増すばかり…
このブログを見つけ、色々勉強していこうと思ってます
ミルコ | URL | 2008/02/25/Mon 20:59 [EDIT]
ミルコさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
自分の親が、50代、60代でアルツハイマー病だと診断されるのは
とても辛いですね。お気持ちお察しします。
うちの親も、アルツハイマー病かもしれないと医者に言われてから
1年半くらい経ちますが、この先どうなるんだろうという不安は
今もずっとつきまとってます。
このブログがミルコさんのお役に立てれば嬉しいです。また是非、お寄りください。
ヒカル | URL | 2008/02/25/Mon 23:35 [EDIT]
はじめまして。
先日、85歳になる母がアルツハイマーと診断され、ネットをさまよっているうちにここにたどり着きました。

3ヶ月前ぐらいから明らかに幻覚、幻聴、妄想と思われる発言が増え、心療内科を経ての診断でした。
私自身は、遠く(伊東)に住んでいるため同居(実家は東京)している胆嚢がんを患っている父からの報告のみなのではっきりしたことは解らないのですが、6ヶ月前に父ががんを宣告された頃から母の様子がおかしくなってきたようです。

どのページにも物忘れから始まりなどの記載のみで、幻聴幻覚等についての記載が無かったのですが、このページの記載を見て愕然としています・・・。
アルツハイマーの症状として、妄想、幻聴などは症状が進んでいるのでしょうか??

父のがんも余命宣告を受けている状況ではありますが、今のところ状態は一進一退で自宅療養を続けているのです。
父の看病をする場合ではなくなってしまう日も近いと思うのですが、
私に出来ることは何なのか、毎日考えている日々です。

とりとめもない文章で失礼しました。。。



kayo | URL | 2009/02/19/Thu 10:29 [EDIT]
たびたび失礼します。年齢は75歳の間違いでした。。
kayo | URL | 2009/02/19/Thu 11:07 [EDIT]
はじめまして、kayoさん。

ブログみて下さってありがとうございます。
このページに記載してあることは、私が自分なりに調べてみたことですので
正確な情報かどうか分かりませんが。。。
妄想などの周辺症状は、原因がどこか別にある場合も考えられると思うので
専門医の先生に詳しく相談されてみてはいかがでしょうか。
原因を取り除いたり、薬を服用することで症状が軽減されることもあると思いますし。
私は専門家ではありませんので、詳しいことは言えず
kayoさんのお役に立てなくて申し訳ないです。
ヒカル | URL | 2009/02/22/Sun 16:17 [EDIT]
お返事ありがとうございます!
他に原因があるのだといいのですが。。。
不安からくる一時的なものであったり。。

癌を患いつつも、父が母と共に脳外科に通う日々のようです。

役に立てないなんてとんでもないです。
お返事いただけただけで光栄です。

また、お邪魔させてくださいね。
kayo | URL | 2009/03/01/Sun 14:47 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。