若年性アルツハイマーと告げられて・・・。

2007年6月、父は57歳で認知症と診断されました。                        このブログは、そんな父と娘の勝手気ままな共同日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

こんにちは。
早期発見の患者の場合は、病識をしっかり持っていますから、病状の進行にも敏感ですので不安も大きいです。
アリセプトだけでは、心細い気持ちよく分かります。妻は5年アリセプト5ミリを飲み続けていますが効果の程は、分かりません。アリセプトは顕著に効く方はほとんどいなくて、まあまあ効いている方が3~4割位と言われています。
それでも、アリセプトを止めてまで別の治験を受けるには勇気がいります。今回ガランタミンの治験に参加しようと思ったのですが定員オーバーになりできませんでした。
アメリカから個人輸入して国内で治験中の薬を服用されている方もいらっしゅいますが、主治医がフォローしてくれないと難しいです。
副作用の話は、全く先生のおっしゃる通りですが、患者としては完璧を求めるものですね。
一味さん、がんばりましょう!!
のんた2号 | URL | 2008/02/20/Wed 12:38 [EDIT]
やはり、アリセプトを止めて治験に参加するのは勇気がいりますよね。
いったん、アリセプトを休服してしまうと
前の状態に戻すのは、難しいとも聞きましたので
実際、どれだけ効果があるのか分からなくても止めるわけにいきません。
病気の進行を止めれる可能性があるのなら・・・話は別なのですが。
そういえば以前、のんたさんの奥様が参加されたワクチンの治験は
アリセプトを止める必要はなかったのですか?
止めなくて良かったなら、本当に父も参加させてあげたかったです。

それと先日、イチョウ葉の事をのんたさんや病院の先生にお聞きして
今日やっとネットで注文しました。
気休めかもしれませんが、少しでも効果があればいいなと思います。
ちなみに、服用開始日は
日が良い(友引)のと、覚えやすいからという理由で
3月3日のひな祭りからにするそうです。(笑)
ヒカル | URL | 2008/02/20/Wed 19:13 [EDIT]
ヒカルさんへ
妻が参加したワクチンの治験はβアミロイドを取り除く為のものですので、アリセプトとの併用に全く問題ありませんでした。それが参加した重要な要因の一つです。(治験ですのでプラセボかもしれません。)
読んでいるかも知れませんが、イチョウ葉について。
http://kenko.exblog.jp/i8/
のんた2号 | URL | 2008/02/21/Thu 00:10 [EDIT]
のんたさん、ありがとうございます。
この記事は読んでいませんでしたが
ちょうど私も、リンク先で書かれているのと同じ
シュワーべ製薬の商品を注文しました。届くのが楽しみです!
ヒカル | URL | 2008/02/21/Thu 19:33 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

診察日2008年2月18日

診察の記録 2008/02/19 火
前回、先生に処方してもらった薬のおかげで、耳鳴りは3?4割改善したようです。
だけど父は、満足していない様子で
先生に、もっと他に良い薬はないか聞いて
睡眠薬を調整した時のように、色々お薬を試したいと思ってるようでした。

私は、まだ薬を飲み始めたばかりだし、少しは良くなってきてるのだから
もう少し飲み続けた方がいいと思うと言いましたが
最近の父は思い込んだら、人の言葉が全く耳に入りません。


先 「変わりはないですか?」
父 「耳鳴りの方、前が10だとすると、今は3?4くらい良くなりました」
先 「それはよかったですね?」
父 「ええ、でも先生、人間って欲なもので・・・
   もっと良くならんもんかな?と思いまして」
先 「一味さん、完璧に良くなることを、目指されてはいけませんよ。
   お薬は、どんなお薬でも副作用の心配もありますからね」
父 「あああ?そうですか。じゃあ、お薬はこのままの方が・・・?」
先 「そうですね?」
私 「今、頂いてるお薬を、このまま飲み続けてると
   もっと症状が軽くなっていくって事もありますか?」
先 「ええ、あると思います」


先生に言われると、素直に納得しているようでした。


この日、私は診察室に入った時から、
『アルツハイマー病の貼り薬の治験の案内』 の用紙が
壁に貼られているのが目に留まり、気になっていました。

私 「先生、この治験の薬もアリセプトをやめなければいけないんですか?」
先 「はい、そうです」
私 「そうですか・・・」
父 「へええ?、貼り薬もあるんやな」
先 「一味さんの場合は、アリセプトが効いていると思いますのでね」
父 「そうですね。アリセプトは、やめる訳いきませんからね」



アリセプトがどれだけ効いているのか分からないけれど
それでも飲むのを止めたら、今の状態より確実に悪くなるのだから
よっぽど、アリセプトが体に合わない人以外、治験に参加する人なんているのかな・・。
そんな事を思い、ちょっとした好奇心から聞いてみた。

私 「こういった新しいお薬は、皆さんなかなかアリセプトを止めてまで
   試そうって方、いないんじゃないかと思いますが
   どんな方々が治験に参加されるんですか?」
先 「そうですね、まだ何もお薬を飲んだことのない状態の方
   診断を受けたばかりの方が多くなりますね」

先 「治験の薬は、今後も色々とでてきますから
   またアリセプトと併用して飲めるお薬があれば、お知らせしますね」
父 「はい!」
私 「お願いします!」


よかった!
   
アリセプトと併用して飲める薬なら
是非とも試したい!って人、たくさんいるんだろうな?。


           応援ポチっとよろしくおねがいします
            日記@BlogRanking   にほんブログ村

COMMENT

こんにちは。
早期発見の患者の場合は、病識をしっかり持っていますから、病状の進行にも敏感ですので不安も大きいです。
アリセプトだけでは、心細い気持ちよく分かります。妻は5年アリセプト5ミリを飲み続けていますが効果の程は、分かりません。アリセプトは顕著に効く方はほとんどいなくて、まあまあ効いている方が3~4割位と言われています。
それでも、アリセプトを止めてまで別の治験を受けるには勇気がいります。今回ガランタミンの治験に参加しようと思ったのですが定員オーバーになりできませんでした。
アメリカから個人輸入して国内で治験中の薬を服用されている方もいらっしゅいますが、主治医がフォローしてくれないと難しいです。
副作用の話は、全く先生のおっしゃる通りですが、患者としては完璧を求めるものですね。
一味さん、がんばりましょう!!
のんた2号 | URL | 2008/02/20/Wed 12:38 [EDIT]
やはり、アリセプトを止めて治験に参加するのは勇気がいりますよね。
いったん、アリセプトを休服してしまうと
前の状態に戻すのは、難しいとも聞きましたので
実際、どれだけ効果があるのか分からなくても止めるわけにいきません。
病気の進行を止めれる可能性があるのなら・・・話は別なのですが。
そういえば以前、のんたさんの奥様が参加されたワクチンの治験は
アリセプトを止める必要はなかったのですか?
止めなくて良かったなら、本当に父も参加させてあげたかったです。

それと先日、イチョウ葉の事をのんたさんや病院の先生にお聞きして
今日やっとネットで注文しました。
気休めかもしれませんが、少しでも効果があればいいなと思います。
ちなみに、服用開始日は
日が良い(友引)のと、覚えやすいからという理由で
3月3日のひな祭りからにするそうです。(笑)
ヒカル | URL | 2008/02/20/Wed 19:13 [EDIT]
ヒカルさんへ
妻が参加したワクチンの治験はβアミロイドを取り除く為のものですので、アリセプトとの併用に全く問題ありませんでした。それが参加した重要な要因の一つです。(治験ですのでプラセボかもしれません。)
読んでいるかも知れませんが、イチョウ葉について。
http://kenko.exblog.jp/i8/
のんた2号 | URL | 2008/02/21/Thu 00:10 [EDIT]
のんたさん、ありがとうございます。
この記事は読んでいませんでしたが
ちょうど私も、リンク先で書かれているのと同じ
シュワーべ製薬の商品を注文しました。届くのが楽しみです!
ヒカル | URL | 2008/02/21/Thu 19:33 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:



password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。